多摩川歯科クリニックは歯周病と糖尿病の関係を考え、患者様の健康を第一にします。
多摩川歯科クリニック

歯周病と糖尿病の関係

■ 歯周病が糖尿病に及ぼす影響

糖尿病をもつ歯周病患者に歯周病治療を行うと、血糖値が改善されたという報告が多数あります。言い換えれば、歯周病は糖尿病を悪化させる要因の一つである可能性がきわめて高いということです。
そのメカニズムとしては、炎症時に歯周組織で増加したある特定のサイトカインが、血液を介して肝臓、筋肉、脂肪組織に運ばれ、インスリンの作用を邪魔して細胞内へのブドウ糖の取組みを阻害し、血糖値を上昇させると考えられます。
したがって、糖尿病をもつ歯周病患者に歯周病治療を行うと、歯周病組織で分泌されるサイトカイン量が減少し、細胞内へのブドウ糖の取り込みが増して血糖値が改善すると考えられてます。

歯周病と糖尿病
歯周病と糖尿病
歯周病と糖尿病

■ 高血糖が続くと歯周病も悪化する

糖尿病の人の、糖尿病でない人に比べて、中等度あるいは高度の歯周病になる頻度が2〜3倍高く、また歯周病の進行が早く、治るのも遅いです。
糖尿病の人は、細菌の攻撃に対して自分の守る免疫の働きが低下しており、組織の元通りにする力も弱いため、炎症による組織破壊が進行しやすくなります。

歯周病と糖尿病

■ お口のケアが全身を守る

歯周病は、糖尿病だけでなく、心血管系疾患、呼吸器感染症、早産・低体重児出産、骨粗鬆症など、様々な全身疾患と関連性があるといわれています。
合併症にならないためにも日頃の口腔内ケアと早期治療が必要です。

歯周病と糖尿病

▲ページトップへ