多摩川歯科クリニックはデジタルX線など最新の設備でみなさまの歯の健康を守ります。
多摩川歯科クリニック

精密なデジタルX線検査

■ 当医院では最新のデジタルX線システムを使用しております。

レントゲン撮影において、コンピュータを利用した最新のデジタルX線解析システムを導入し正確で、スピーディーな診断を行っております。
また、現像液、定着液などの廃液の処理が不要な環境にやさしいシステムを導入しております。

精密なデジタルX線検査
精密なデジタルX線検査

■ デジタルX線検査の主な効果、効能について

・画像が美しく鮮明である
デジタル化により、常に均一で安定した濃度の高画質なX線画像が得られるので診断精度が向上します。

・ スピーディーに画像が得られる
レントゲンを撮影してから、モニターに表示されるまでの時間が短く、フィルムができるまでの時間もX線フィルムの現像を行う従来の方法に比べるとかなり短縮されています。

・モニター表示ができる
X線撮影後、約90秒程度で診察室に置いたモニターに撮影したX線画像を表示できます。液晶モニターに表示された画像は、アナログX線フィルよりも鮮明です。その画像が従来のフィルム現像よりもかなり早く表示されますので、画像診断までの時間が短縮されます。

・ 画像処理が簡単に行える
X線撮影した直後にモニター表示されたX線画像を示しながら、説明することができ、これに画像処理を加えて説明することで、より理解を深めることができると考えます。

・ 診断をより正確に
画像全体を拡大する、部分的に拡大する、濃度、コントラストを変える、従来のフィルムに近い表示、処理を強調した表示などを診察室で行えるため、「診断をより正確に」時間も短縮できます。

・デジタルデータとして保存できる
患者さんの画像データは、フィルム感覚で使えるイメージングプレートに保存します。これにより従来の暗室でのフィルム装填、自動現像機へのフィルム挿入がすべて明室で行えることで作業効率を高めるだけでなく、誤って感光させてしまう失敗もありません。

▲ページトップへ